忙しい女性たちの「すきま時間」

学生、仕事、主婦など、この十年で「忙しい女性」が増えた。
仕事以外にも趣味や興味があることが増え、半数以上の女性が「時間は有効に使いたい」と考えている。

そんな彼女たちはちょっとした合間にできる「すきま時間」に何をしているだろう。

1位スマホでメールやline
2位スマホでWeb
3位スマホでSNS

スマホがあれば、どこでも時間を潰せる、のではなく有効活用できてしまう。
第2位のWebで見ているサイトは、ショッピング、グルメ、旅行に次いで、美容が4番目に多い。
美容系サイトでヘアサロンに関係するのが、サロン検索や予約で、約35%が行っているとされる。
ちなみに若い世代になるほどスマホで予約する率が高い傾向にある。
「すきま時間」に美容サロンを利用する理由として多いのが、「立ち寄りやすさ、立地」「思い立ったらすぐ利用できる」「手軽」「短時間でできる」などなど。
このように、現代の忙しい女性たちは、美容情報を得ることや、サービスを受けるといった、美容にまつわるさまざまな行為を効率化しており、5年前と比較して「美容の効率化が増えた」と感じる人は約55%と言われている。
時間とは、人によって価値観も違えば、同じ1分の長さも違って感じるものだ。