シリコンって悪い成分なの?

「ノンシリコン」このキーワードだけでそれは良いシャンプーと思う方が多のではないだろうか。

そもそもシリコンとはいったいどうゆう物なのか?
十年前ほどの出来事だが、全国の美容院である事件が起こった。

パーマ、カラー不良(かからない、染まらない)が急増したのだ。
調査の結果、当時売られていた家庭用シャンプー剤に含まれる「シリコン」
と呼ばれる成分が原因であると判明した。

パーマ、カラーの原理は毛髪内部に薬液が浸透することで起こる科学反応で、
この浸透作用を妨げているものだった。

当時のシャンプーは現在のものとは違い、洗浄がメインの、言わば台所用洗剤
と言っていいほどお粗末な製造だった。ある研究者の話では台所用洗浄と同じ成分が
使われていたという話までも…

シリコンとは汚れの再度付着を防ぐ為のコーティング剤のようなもので、
シャンプーでは艶、滑らかさ、柔軟性を出す役割を担っている。

人工物質である以上、髪にはよくないのではと思う方も少なくないだろう。
しかし、必ずしも悪い成分ではない。現在では研究が進み、当時使われていた
シリコンとかまったく別物の上質なシリコンが配合されている。

さらに、洗浄しながら、毛髪のケアまで行うシャンプー剤まで販売されている。
紫外線、乾燥、摩擦といったありとあらゆる外的ダメージから守ってくれる、
むしろ称賛すべき成分なのだ。

メディアが宣伝するようにノンシリコンシャンプーが良いとは限らないこと、
シリコンのみならず、その他の成分もネットで気軽に調べることができる。

自分自身に合った本当に良いものを選ぶことができるのだ。

話題のシャンプー

近年、髪に対する悩みが多様化する中インターネットの普及によりさまざまな情報を気軽手に入れることができる。
数年前まではプロフェッショナルしか知り得ない専門知識や情報も今や指先一つで調べることができてしまうと言うわけだ。
そんな中、複数の某メーカーのインターネットサイトを見ると必ずと言っていいほど登場している単語がある。「頭皮ケア」「ノンシリコン」だ。この2つのキーワードが今まさに現代人が、かかえる髪の悩みそのものではないだろうか?
まずは「頭皮ケア」、これは薄毛の悩みに直径していると言えるのではないだろうか。薄毛の三大要因と言われているストレス、遺伝、生活習慣、現在ではメカニズムも解明され時間をかければ治療できてしまう。
それを牽引するのが業界が打ち出すヘッドスパだ。健康な髪の毛は健康な頭皮から、メディアの宣伝効果もあり、千股ではスパ専用サロンができるほどだ。
さらに家庭用でも頭皮ケアシャンプーが今最もする売れているとされ、加えて、最近では男性のみならず女性までもが薄毛に悩み相談件数も増加している。
今後もますます事業が拡大していくのではないだろうか。
次に「ノンシリコン」だが、これはテレビをつけても今最も聞こえてくる単語ではないだろうか。
そもそもシリコンとは髪の毛表面に吸着し、コーティングすることで髪に光沢を与え、外的ダメージから髪を保護する決して悪いとは言えない物質だ。

なぜ今はシリコンが配合されないシャンプー剤が選ばれるのか?理由としては、オーガニックと呼ばれる天然素材のみで造られたシャンプー剤の登場だ。

人工物は体に悪いという偏見からか、数年間業界で最も売れていたシャンプー剤の売り上げが落ち込み傾向にあるという。
今や配合成分までも考慮しつつ現代のニーズに合わせて開発しなければ商品は売れない。その傾向からか、現在では以前とは異なる上質なシリコンを配合したシャンプー剤が登場している。料金は少々高めではあるが売り上げを伸ばしている。

白髪染めって男性用と女性用は違うの?

Beautiful hair woman on white background. Portrait of asian.男性用の白髪染めと女性用の白髪染めって何か違いがあるのでしょうか?

結論から言いますと、これらに違いはありません。

ただ、中には男性用白髪染めとか女性用白髪染めと区別されている白髪染め商品ってありますよね?
これは、成分が違うとかではなく、ただ男性の好まれる色と
女性の好まれる色ということで区別しています。

男性は灰色(アッシュ系)緑(マット系)など寒色系を好む方が多く、女性は赤(レッド)栗茶色(ブラウン)など暖色系を好むが多いように思います。

また髪質にも傾向がありますよね。男性の方が太い(硬い)傾向になり、女性は細い(柔らかい)傾向ではありますが、こちらも個人差がありますので何とも言えないところです。白髪染め 比較するのはなかなか大変です。

太い毛と細い毛ではお薬の浸透するスピードが変わってくるため、反応にも時間差があるんです。太い毛の方が時間がかかりますし、細い毛の人は時間がかからない傾向にあります。お薬自体同じお薬を使っても仕上がりの時間が違うのはこのことがあるからです。

また白髪染めを塗った状態で放置しすぎるのも痛みの原因になりますので、たとえ太い髪の方もお薬の説明で書かれている放置タイムを極力前後しないように施術する必要がございます。

もし、「30分」を越すようであればマメに髪の染まり状態を確認するようにしましょう。

また自分で白髪染めをする自信のない方は、たとえ出費が加算でも髪の毛をボロボロにしてしまうくらいなら迷わず美容室でプロの施術を受けましょう。