メンズスタイリング

ワックスをつけてもうまく決まらない…
どのようにスタイリングして良いかわからない…
美容室、床屋に通う男性の多くは一度くらいはこのような悩みをかかえたことがあるのではないだろうか。

まずは、現場のプロフェッショナルに自分の髪質に合ったワックスを聞いくことが第一歩である。
軟毛、硬毛と、髪の固さによりワックスを使い分けなければならない。
基本的な知識として、細く軟らかな髪にはエアリーなソフトタイプのワックスを、硬い髪にはマット、ジェルといったハードタイプのワックスが最適である。
次につけるタイミングだが、朝の出勤前のスタイリングが一般的であるが、寝グセのついたままつけてはいけない。
必ず一度濡らし、ドライヤーで乾かしたのち、ブラシなどで8割程度形を完成させなければならない。
ワックスの役割はあくまで毛先の束感や立ち上がりといったニュアンスをつくるものであって、スタイルの土台をつくる作業はこれらが非常に重要である。
ジェルワックスを使ったウェットなスタイルなどの例外はあるが、メンズのスタイリングはこれらの方法を守ればある程度形が出来上がる。
最後にハードスプレーを全体的にまんべんなく振りかければ湿気にも負けない攻めのスタイリングが可能になる。

コメントを残す