覚醒遺伝で薄毛になる?

「覚醒遺伝」とは、体質などの遺伝子情報が世代をまたいで遺伝することを表し、多くは祖父祖母からの体質を受け継ぎ、例外はあるものの、異性間での遺伝が多いことがわかっている。
男性であれば母方の祖父、女性であれば父方の祖母といった感じで、遺伝情報は複雑に絡み合っている。

メディアよく耳にする「祖父祖母が薄いとハゲる」
といったワードはこれらの要因が元とされる。
しかし、これには間違いがある。
薄毛の原因は人それぞれで、生活習慣やストレスといった決定的な要因を改善すれば予防が可能になる。

薄毛の身内がいるならば用心が必要だが、遺伝するのは「薄毛」ではなく、あくまで「薄毛になりやすい体質」であることを覚えておきたい。

もう1つ、「白髪」遺伝の場合、メラニン色素の減少が原因とされるが、これに関してはメカニズムが完全に解明されていない為、実は具体的な予防策がない。

白髪の遺伝のほうが確率が高く、中には10代から発生する場合があり、薄毛よりもイレギュラーな分、対策が難しい。

しかし、近年では細胞、遺伝子レベルの予防法が研究されており、完全に予防できる時代はすぐそこまできている。
今やるべきことは、髪の基礎知識を学習し、現存する髪の毛を守ることではないだろうか。

コメントを残す