脱毛とホルモンの関係

脱毛、薄毛の原因は人それぞれだが、近年インターネットなどで頻繁に目にするのが、「ホルモンバランスによる脱毛の進行」である。

主に男性特有の悩みと思われがちだが、実は女性の脱毛、薄毛人口が年々増え続けている。
原因として男女に共通する「男性ホルモン」の増加によるものとされる。
髪の毛と深い関係にあるのは、薄毛を進行させる「男性ホルモン」と、それを抑制、髪の毛の成長を促す「女性ホルモン」と大きく二種類に分類される。

女性なのに男性ホルモン?と思う方がほとんどではないだろうか。
生活習慣、ストレスといった要因により女性のホルモンバランスが崩れてきている。
「男性化」とも言われており、体質までも男性同様に変化してしまう場合があるという。
近頃ネットなどで目にする「オヤジ女子」というキーボードももしかするとこれと関係があるのかもしれない…

男性ホルモン内の「テストステロン」と呼ばれる成分が髪の毛の成長サイクルを乱すという密接な関係があるということだ。
余談ではあるが、女子ホルモンは「自分を綺麗に見せたい」と思う時に、より活発に生成される。
介護施設などでは、毎日化粧をする女性、毎朝鏡の前で身だしなみを整える男性高齢者らの脱毛率が著しく低いという。
これを聞くと必ずしも関係ないとは言い切れない。これを読んだ方々、明日から実戦してみるのも悪くないのではないだろうか。1400081991038

コメントを残す