市販と専売の違い

1409575432979市販のシャンプーと美容室専売のシャンプーとではどのような違いがあるのか。

市販のシャンプーには商品そのものの値段の他に「広告料」と「仲介料」などのコストが発生している。
有名な女優を起用してCMなどを放映すれば、それだけ「広告料」にかかる費用は莫大なものになる。
さらに、製造後は問屋などの複数の仲介業者を経由した後に店頭に並ぶ為、商品自体の原価は店頭価格の半分以下だと言われている。

美容室の専売シャンプーはそれらのコストを限りなく押さえられ棚に並ぶ。
一般的にこれらの商品はメディアで一切CMを行わない。
ほとんどが口コミや芸能人のブログ、その他SNSなどで知名度を上げる。

ではなぜ、余計なコストを押さえているのにも関わらず、市販の数倍~数十倍の値段で取引されているのか?
答えは「原料価格」にある。

市販のものと専売のものとでは原料品質に天と地ほどの差がある。
シャンプーの元となる洗剤、シリコンなど、専売品に使われている原料はどれも希少なものばかりで、その分、髪の毛に与える効果も絶大である。

毎日使うものだからこそ市販と専売、どちらを選ぶかで数年、数十年後の髪の毛に結果が出る。
いくつになっても綺麗で健康な髪の毛をキープするには勇気を出して専売のシャンプーを選ぶしかない。

コメントを残す