薄毛のメカニズム

Beautiful hair woman on white background. Portrait of asian.

薄毛の三大要因と言われるストレス、遺伝、生活習慣、近年ではそのメカニズムが解明され、完全に予防できる時代も遠くないという。
なぜ薄毛になるのか、多くは生活習慣が原因とされている。
不規則な睡眠、食生活、体のリズムが崩れ、それに伴って毛髪の成長サイクルが崩れていく。本来伸びるはずの期間に抜ける、この繰り返しで徐々に減っていくのだ 。
その中で、核心的な原因とされているのがホルモンバランスと言われている。
ホルモンは大きく2つに分けられる。男性ホルモンと女性ホルモンだ。主に女性ホルモンが毛髪の成長、男性ホルモンが後退を促すとされる。
男性は20代後半を境にこのバランスが偏り、薄毛が進行するとされる。
一般的に「男性の薄毛は30代から」とされるのはこの為である。 それに伴って、現在では男性ホルモンを抑制するシャンプーが登場している。
値段は少々高めではあるが、専用の機関で治療にかかる費用と比較した時、あなたならどちらを選ぶだろうか…
しかし、これは男性だけの問題ではない。女性の薄毛人口が増えていることを皆さんはご存知だろうか。
本来、女性ホルモンは卵巣でつくられ、生殖機能の衰える30代後半~40代 まで分泌される。
ところが、社会進出による職場でのストレスや生活習慣の乱れでこのバランスが崩れる女性が増加している。
さらに、出産後の体質の変化といった要因も重なり、今後さらに女性の薄毛が深刻な問題になると言われている。

コメントを残す