スタイリングのコツ ~左右対照のブロー~

DSC_0099「美容師さんがやるとうまく決まるのよね」
そんな悩みをかかえる方が多いのではないだろうか?
今回はドライヤーとブラシをうまく使ったスタイリングのコツを紹介したいと思う。

ブロー時に片方だけ跳ねる、このような経験がないだろうか?
一般的に髪の毛はつむじを中心に右回り、もしくは左回りで渦状に生えている為、必然的にもみあげ部分は左右逆向きになってくる。
跳ねる方の毛の流れは前方に向かって生え、内巻きに入る毛は後方に生えている。
両方を綺麗に内巻きにブローするにはまずその毛の流れを左右対照にしなければならない。
まずは両方の毛をどちらも後方に流す必要がある。

手順として
①くせがついてしまっている場合、一端濡らす
②ドライヤーで8割程度乾かす
③左右の毛をどちらも後方(オールバック)に向かって風を当てる。この時、もみあげ部分は根元にしっかり風をあて立ち上げる
④ブラシは左右後方(後方斜め45°)に向かって抜く
⑤最後は全体を冷風で冷ます

注意点は
①過度のドライ
②湿った状態でのブラシ
この2つはどちらも髪のダメージへ繋がる為、避けなければならない。

ショート~ミディアムほどの長さ、大半の毛質と、特にボブなどの重めのスタイルにはこれらの方法が非常に有効である。