ヘッドスパの重要性

薄毛、白髪、ハリコシ、現代人がかかえるさまざまな悩みにトータルケアとして業界がアプローチをかけている事業、それがヘッドスパだ。
ヘッドスパの目的として、老廃物の循環、血行促進、シャンプーでは落としきれない汚れの除去といった
「健康な髪は健康な頭皮から」という概念からなる。
使われている薬剤として、頭皮用トリートメント、ディープクレンザー、オーガニックオイルと、などがあり、美容室、スパサロンでの競争も激化している。
本来、健康な髪の毛は草や木と一緒で土壌環境と必要な栄養分が整うことで育つ。
土壌が頭皮とするなら、次に重要なのは根(血管)で、マッサージをすることで血液の循環を促進させる。
薬剤の中でも頭皮用トリートメントは最も修復に特化していて、家庭でも気軽に使用できる。
保湿性に優れ、フケやかゆみを予防するが、欠点として、多くのものに毛先部位の修復効果はない。

肩と同様、実は頭皮にも「コリ」が存在する。
これを放置すると頭皮は徐々に硬くなり、サイクルが乱れはじめる。
健康な頭皮は青白色で、黄色、赤色と順を追って状態は悪くなる。
黄色は血行不良の可能性があり、赤色はそれに加え、表皮に湿疹などの異常がある場合が多い。
ヘッドスパはこれらの異常を正常な状態へと導き、
繰り返し施術を行うことで、頭皮も正常な色へと近づく。