本当に良いシャンプーとは?

現在、シャンプーとトリートメントは2日に1種類という早さで新商品が売り出されている。
数ある製品の中から自分に合ったものを探し出すのも容易ではない。

毎日使うものだから誰もが「安くて良いもの」を使いたい。
しかし、残業ながらそのようなシャンプーは存在しない。
本当に良い製品とは、原料コストが桁違いのものなのだ。市販される多くの製品には広告料、仲介料などが発生しており、店頭価格の約半額程度と言われている。
さらに、容器、パッケージ、著作権料など含めると原料コストはいくらになるだろう…

「高いが良いもの」この製品に共通することは広告料、仲介料などの余計なコストがほぼかかっていないということだ。シャンプーに関してはCMをしていない製品、口コミなどで広がるものが良いとされる。
特に美容室などで販売されている製品はCMされない上、値段も\1000~3000程度のものが大半で、リピーターも多い。
オーガニック、上質素材、新成分などを含み、大量生産が難しいとされる。
このようなシャンプーが本当に良いものとされ、
増税とは裏腹に売り上げは年々増加している。
毎日使うものだからこそ、上質なものを選ばなければ髪、頭皮の未来はない。