髪のダメージ、秋、冬

春、夏の紫外線、強い日差しにより、肌同様髪の毛も日焼けのような状態になり、ダメージが進行する。
それと同等に秋、冬は乾燥によるダメージにさらされる。

紫外線、湿気以上に髪の毛にとって最大のダメージ要因となるのが冬場の乾燥による「静電気」だ。
本来健康な髪の毛は適度な水分バランスにより艶のあるまとまった状態を保っている。
乾燥により潤いが奪われ、元々水分の少ない毛先のほうから乾燥が始まり、そこから電気が発生する。
これが髪の毛に帯電され、衣類との摩擦により静電気が発生する。
冬場は髪の毛のみならず頭皮までも乾燥している状態で、発生した静電気は毛根を刺激し、薄毛の原因に繋がる。
この季節にフケや抜け毛が目立つといった代表的な原因である。
いかに髪の毛を保湿できるかが冬場のダメージを防ぐポイントとなる。

冬場のバスタイムは毎日必ずトリートメント(5~10分放置)と、ドライヤー時の洗い流さないトリートメント(オイルタイプ)の2つ使いが理想的なケアである。
ドライヤーも約8割ドライで、残りは自然乾燥が髪の毛にとって最も負担を軽減する方法とされる。

オイルタイプのトリートメントは起床時、外出先など乾燥が気になるどのタイミングでも使える為、うまく活用できれば冬場の強い味方になってくる。Beautiful hair woman on white background. Portrait of asian.