ダメージランキングベスト3

カラー、パーマ、縮毛矯正、デジタルパーマと、美容室ではさまざまな施術が溢れる中、
同時に髪の毛もそれによりダメージを受ける。
初めてパーマ、カラーをする髪の毛をベースとして、それらが髪に与えるダメージをおよそのランキングにすると…

1位、ブリーチ
2位、縮毛矯正、デジタルパーマ
3位、ベーシックパーマ

まず1位のブリーチだが、これはいわゆる漂白剤のような薬で、長時間の放置は健康な髪の毛でも一度で深刻なダメージを与える。
一定の脱色作用を越えると毛が溶け始めてしまう。市販されている分、家庭での取り扱いには最も注意が必要だ。

2位の縮毛矯正、デジタルパーマは、一見対照的なものに思えるが、類似した原理を用いる。
艶が出て、むしろ綺麗になると思われがちだが、毛の内部では火傷と同じような現象が起きている為、
場合によってはブリーチ以上の損傷が起こることがあるので、美容室で必ず相談が必要だ。

3位パーマは、繰り返しかけることでダメージが進行するが、薬剤の強さを調節できることでそのダメージを最小限に抑えることができる。
デジタルパーマとの大きな違いは熱を加えない点であることから後々の毛の状態大きくかかわってくることから、デジタルパーマとのダメージの差がおおきい。