女性の薄毛時代

髪のトラブルが多様化する中、薄毛、脱毛の悩みはもはや男性だけの問題ではない。

女性の社会進出と共に、職場でのトラブル、生活習慣などの変化でつい最近までは男性の特有の悩みと位置付けられていたこれらの問題は今や女性にも影響が及んでいる。
大手化粧品会社も数年前から女性用ウィッグ、育毛剤の開発に力を入れており、テレビや雑誌でも頻繁に広告を見かけるようになったのではないだろうか。
今後も女性の薄毛人口が増えるとされ、メーカーも新製品の開発競争にしのぎを削っている。

なぜ女性の薄毛が増えたのか?
女性の場合、男性よりもストレスの影響を受けやすいといわれ、体にもそれらの変化が出やすい。

本来、薄毛を抑制する役割をもつ「女性ホルモン」は卵巣で生成される。
ストレスや生活習慣により、ホルモン生成のサイクルが狂い、初期症状として月経の乱れなどが始まる。
その後、体調不良、不眠症、重度のものではうつ病までに至り、この頃から髪の毛の「毛髪サイクル」に影響し脱毛が始まる。

職場や家庭でストレスを溜めないように、とするのもなかなか難しいが、体と髪の毛には密接な関係があるということを頭に入れた上で、生活に気を付けなければならない。

ちょっと話はそれますが、妊活中には葉酸サプリが良いといわれていますが、一昔前は妊活は女性がするものという意識があったと思います。ところが、最近では夫婦で妊活をするものなのです。

ベジママ 男性にもおすすめの葉酸サプリです。夫婦にもおすすめです!

 

失敗しないシャンプー選び

1402618023021まずはシャンプーそのものの選び方について、なるべくならば「アミノ酸系」といわれるような洗浄力の強すぎないタイプのものが良い。
髪や頭皮についたものは、一概にしっかり落とせばいいものではない。
頭皮の脂というものは必要があって分泌されているからである。
古くなった脂は匂いやかゆみの原因になることが多いが、1日に3回も4回も洗ってはいけない。
髪を育てる頭皮にとっては、新しく分泌された皮脂が適度に残っているような、ほどほどの状態を保っておくことが肝心で、肌と一緒で、汚れだけを落とすようなイメージである。
次に、実際に洗う際にはどうすればいいか?
まずはシャンプー前に、髪をお湯でよくすすぐ。これだけで皮脂汚れ以外の
ホコリや塵などはほとんど落ちてしまう。
実は、これだけで汚れ全体の半分は落ちてしまうと思って大丈夫である。
メリットとして、使うシャンプー量を少なくできる上、頭皮への負担も減らすことができる。
なおかつ、2度洗いが最も効率的で、1回目のシャンプーの使用量は通常か、あるいは若干少なめにして、泡立てたらすぐに流す。2回目になるとさらに少ない分量でも泡立つ為、その際には頭皮をマッサージするように洗うのが効果的だ。